【板金屋根】雨漏り修理水切り板金工事☔ M店舗(岐阜県大垣市)

施工前
施工後

今回は、雨漏り☔がするというお問い合わせをいただき工事をさせていただきました👷

目次

現場調査に伺ったところ経年劣化により全体的に錆ついて、屋根と屋根の繋ぎ目に施されていたシーリングや柱が屋根材を貫通している廻りのシーリングがボロボロな状態でした💧

現場調査が終わり調査報告書と見積りを提出📁

屋根上に室外機などの機材が乗っていたため、はっきりとどこからの雨漏りであるか判断できない状態でしたので、一度屋根上の室外機・鉄骨柱等を全て撤去・解体して雨水侵入を防ぐために水切り板金を施工して対処することをご提案させていただき工事に取り掛かりました🔨

まず、屋根上の室外機・鉄骨等を撤去後、応急措置🩹として鉄骨柱の開口部廻りを板金にてカバーして施工しました🔨

解体①
解体②

改修工事は、いつ何時雨が降るか不明の為、養生はかかせません!

応急措置①
応急措置②

応急措置完了後、振れ止めを施工しました🔨

振れ止め施工①
振れ止め施工②

振れ止め下地施工完了後、屋根取合水切を施工しました🔨


こんにちは一級建築士の名和です🐭

ここでワンポイント解説✨✨✨

今回は、”水切板金”について

ご説明させていただきます!

①軒先水切り

屋根の先端部分(軒先)に設置する板金。

屋根から流れた雨水を雨樋へスムーズに排水する役割があります。

②雨押さえ水切り(取合水切)

屋根と壁が接合している部分に設置する板金。

壁に流れる雨水を屋根に侵入するのを防ぐ役割があります。

③壁止まり板金

屋根と壁が接合している部分の軒先部のことを壁止まりといいます。

屋根と壁の隙間から雨水が侵入するのを防ぐ役割があります。

④土台水切

建物の外壁と基礎の間にある板金。

室内への雨水の侵入を防ぐ/雨水が外壁を伝って汚れるのを防ぐ/基礎土台の腐食を防ぐといった役割があります。

④谷板金

2枚の屋根が交わる部分(谷)に取り付けられる板金。

雨が集中する為、雨水が溜まらないようにスムーズに排水する役割があります。

⑤棟板金⑥下り棟

水切りにも施工する部位によってこんなにも種類が分かれているのですよ。

部材同士のごく僅かな隙間から雨水が侵入し、それが蓄積されていくと雨漏りや内部の劣化に繋がります💧

そうならない為に施工されるのが”水切り板金”です。

建物にとって非常に重要な役割を担っている部材でしょう。

屋根取合水切施工①
屋根取合水切施工②

屋根取合水切施工後、さらに雨水侵入防止の為、水上カバーを施工しました🔨

水上(みずかみ)とは、水が流れ始める最初の部分のことをさします。

傾きをとったときの一番高い部分です。

水下(みずしも)とは、反対に水が流れ終わる部分のことさします。

水が流れ終わる最も低い箇所です。

水上カバー施工①
水上カバー施工②

施工完了した写真がこちらです📷✨

施工完了①
施工完了②

綺麗に収まりましたね🎵

今回の工事のように、当社ジオプランは仕事内容に応じてご提案し工事をさせていただいております。

急な雨漏りなどのトラブルにも迅速な対応を心掛けておりますので、少しでも気になる点や不安な点がございましたらお気軽にお問い合わせください!

雨漏り調査・修理☔/屋根外壁無料診断🏠も行っております😊

代表取締役 名和修

お問い合わせ・お見積りは
すべて無料です!
お気軽にご相談ください🐭

スタッフ池田

随時情報を更新しております♪クーポン情報も掲載中!
要チェックです🐥

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次